中国語学科

CHINESE

  1. トップページ
  2. 学科一覧
  3. 中国語学科

中国語学科

発音を徹底的に指導した上で、「読む」「書く」「話す」「聴く」の総合的な力を身につける 中国語は漢字を使うので日本人にとっては取り組みやすい言語です。修得するポイントは声調。標準語では4種類あり、日本語にはない独特の声調をマスターすることが大切です。本学科ではオリジナル教材「目・耳・口から中国語の発音をマスターする」を基本に、ネイティブ講師が発音を徹底的に指導。その上で「読む」「書く」「話す」「聴く」の総合的な力を身につけていき、2年間で進学・就職・留学に向けた中国語運用能力の修得を目指します。

身につく理由

理由1目・耳・口から発音をマスター
まずは入学して最初の1カ月間で基礎となる声調をしっかりマスター 1年次には発音だけの授業を設置しています。オリジナル教材「目・耳・口から中国語の発音をマスターする」を基本に、ネイティブ講師が舌の位置、口の形、呼気の出し方など発音を徹底的に指導し、身につけます。
理由2理論と実践の両面から
少人数クラスなので、発話の機会が多く実践的な力が身につきます 特に会話は、どれだけたくさん話すかが上達の早道。少人数クラスだから発話するチャンスは自然と多くなります。またビジネス中国語などの授業を通して、仕事で使える実践的な中国語運用能力まで高めることもできます。
理由3バランス良くレベルアップ
「読む」「書く」「話す」「聴く」…総合的な中国語の能力を身につけます 「読む」「書く」「話す」「聴く」それぞれ個別の授業を通して高めていくので、片寄りのない総合的な力を効果的に身につけることができます。また、映画やドラマで中国語を学ぶなど、授業にも工夫を凝らしています。
理由4どんどん発話して早期に上達!
理論(読解・作文)と実践(会話・談論)をバランス良く配したカリキュラム編成 文法の基礎を身につけていればこそ、実践での活用も容易です。読解や作文など理論を修得する授業と、会話や談論など実践を重視した授業をバランス良く編成し、理論と実践の両面から語学力を養います。

中国語学科 担当講師

  • 劉 暁晴 「京都非常美」のような文はひょっとして日本語ではないかと錯覚するかもしれません。それが中国語なのです!私たちと一緒に集中して短期間で楽しみ ながらマスターしませんか。
  • 松野 恵美 近頃日本を訪問する中国人観光客が増え、日本の良さを中国語で伝えられる人材がますます求められています。豊富な観光資源を備え歴史的に中国との つながりが深い京都で私たちと中国語を学びませんか。

Student's Voice

先生、仲間、授業内容などあらゆる環境が私の語学力アップに繋がっているのだと実感しています。

中国語学科 2年  時岡 三友さん
Q.京外専に入学した理由は?
高校の進路決定時に、漠然と外国語を話せるようになったら格好いいだろうなという思いを持っていました。そして、どうせ学ぶなら今まで経験のない新しい言語にチャレンジしたいと思い中国語を学べる専門学校を中心に探し、少人数教育で、2年間集中してしっかり身につくような幅広いカリキュラムがあること。さらに大学への編入実績が高いことがポイントで京外専への入学を決めました。
Q. 京外専で学んだ感想は?
留入学後は初めて学ぶ言語に不安もありましたが、先生との距離が近いことでその不安もすぐに消えていきました。授業では会話はネイティブの先生、文法は日本人の先生が担当してくださるので非常にバランスよく学べます。また、上達したことに関してしっかり褒めてくださるので、「褒められて伸びるタイプ」の私にとってピッタリの環境だと感じています。広州での1ヶ月間の短期留学でも、「中国語だけで生活するという環境では自分から積極的に働きかけないと身につくものは少ない」という大きな学びがありました。帰国後は授業でも友達との会話でも積極的にコミュニケーションをとるように心がけています。
Q. 卒業後の進路は?
更に中国語を学びたいので外大への編入を考えています。その為に、自分でも上達したと思えるリスニングに加え、もっとスピーキングを上達させたいと思い、多くの人と会話をし、よく聴き、発音を意識し、自分からも発信していくことを継続しています。またHSK5級にも挑戦しようと思っています!

Pick Up Lesson

中国語LL 1年次にはネイティブ講師によるLL 授業で“ 聴く力”の修得に力を入れます。発音(ピンイン、声調符号)、単語やフレーズを聴き分けることから始め、短文や会話文へとレベルアップさせ聴く力を身につけます。
中国語 読解 1年次では文法の基礎を徹底して学び、会話や談論といった実践へのスムーズな活用に備えます。日本人講師が担当し、解説を加えながら進めていきます。2年次では長文をどんどん読んでいき、読解力を高めます。
中国語 作文 1年次では構文の基礎を身につけるとともに、短い文章を繰り返し書く練習を行います。2年次では長文作成のほか課題作文などに取り組み、作文力のレベルアップを目指します。

トピックス

夏期中国語セミナーで生の中国を体験! 中国語に磨きをかけたい、生の中国を見てみたいという人におすすめなのが、夏期中国語セミナーです。夏休みの約3週間にわたって広東省広州市にある本校の協定校の広東外語外貿大学に留学します。グループで行動するので安心して中国を体験でき、期間中香港も訪れます。

PICK UP動画

中国語学科紹介movie.vol.1

中国語について -文字と発音-