京都外国語専門学校デジタルパンフレット
8/48

外国語系大学420時間京外専510時間外国語系大学よりも多い専攻語の授業時間数を確保これで上達しないわけがない!01専攻語の授業時間が2年間で1020時間と圧倒的に多い授業時間数が多い+ 「読む」「書く」「話す」「聴く」の 4技能をバランスよく学ぶ語学力の上達は学習時間に比例すると言われています。つまり外国語を身につけるいちばんの近道は、できるだけ多くの時間、集中的に外国語を学ぶことです。京外専では、専攻語に直接かかわる授業だけで年間510時間(2年間で1,020時間)にのぼります。これは、一般大学はもちろん、外国語系大学よりも多い授業時間数です。さらに、「授業時間数が多い」だけにとどまらず、文法、語彙、読解、作文、LL、会話など多彩な授業を展開。「読む」「書く」「話す」「聴く」の4技能を偏ることなくバランスよく体系的に学び、2年間で語学の総合的な運用能力の向上を図ります。英米語学科2年 岩谷 優一さん私の場合、週16コマを履修していますが、ほぼ英語に関する授業なので1日平均約5時間は英語に接しているという計算になります。元々は英語が苦手な私でしたが、これだけ英語漬けの環境にいれば、「読む」「書く」「話す」「聴く」がバランスよく上達していく実感があります。まるで留学しているみたいに 世界中の人々に 接し異文化に触れる「語学を身につけるには外国で暮らすのが良い」とよく言われます。これは、どれだけネイティブと接するかが語学力上達の決め手となるからです。京外専では講師の55%がネイティブ。まるで外国にいるかのように、外国語を毎日シャワーのように浴びる…。そんな理想の教育環境を提供しています。またネイティブ講師の出身国は、アメリカをはじめイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、タイ、インドネシア、ベトナムなどと多彩。さらに、キャンパスには留学生も多数在籍するなど、学内で世界中の人々と接し、異文化に触れることができます。まさに京都にいながら、留学気分が味わえます。英米語学科2年 山内 ありささん京外専の会話系の授業はほとんどがネイティブ。出身国も色々でそれぞれのお国の話を聞くだけで世界が拡がる気がします。しかも高校の授業のようにただ聴くだけの受け身ではなく、自分が発言しなくちゃ始まらない!まるで留学しているような楽しい授業のおかげで性格までも積極的になれた気がします。02講師の55%がネイティブ 外国語を毎日 シャワーのように 浴びる京都にいながら留学気分を味わう!?そんな理想の教育環境を提供しています日本人講師45%ネイティブ講師55%京外専で語学力が身につく理由07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る