京都外国語専門学校デジタルパンフレット
24/48

インドネシア人講師が2名、日本人講師が1名ネイティブの講師が多く、まさにほとんどの授業がLLと言えます。また、ネイティブ講師は日本語も堪能なので、日本語で解説を聞きながら学ぶことができ、理解も深まります。まるで家庭教師のように学生一人ひとりに合わせて指導学生数は1クラス5名前後と少人数で、講師の口の動きがよく見える距離で授業を行います。インドネシア語を“浴びる”量が非常に多く、また、学生のレベルや進路に応じて授業内容を弾力的に合わせることが可能です。毎日、生きたインドネシア語に触れ、1年で基本会話をマスター専攻語の授業時間数は年間480時間以上にのぼります。だから初めて学ぶ人も無理なく着実に確かな語学力が身につきます。初心者でも1年後には基本会話ができるようになります。新聞や雑誌でインドネシアの今を知り、「読む・書く」力をレベルアップ会話ができても就職や留学では不十分です。インドネシア語で差が出るのは「読む・書く」。2年次にはこの「読む・書く」力を伸ばし、卒業時には新聞や雑誌の時事的な文章も読めるまでのレベルを目指します。Pick Up Lessonインドネシア語 会話ネイティブ講師により基本会話から始め、1年で日常会話を身につけます。2年次には文化や生活をテーマに会話力をさらに向上させます。インドネシア語 講読1年次では、なぜそのような規則になるのかという視点から文法の基礎を学びます。2年次には時事的な文章を読める力を養います。インドネシア語 文法インドネシア語では実力の差が「読み」に現れます。このためにも文法の修得に注力。卒業時には仕事で使える文章を書ける力を身につけます。月火水木金Ⅰ 9:00-10:30Ⅱ10:40-12:10東南アジア講座(インドネシア)第二外国語(英語)ⅢCアジア英語ⅢⅢ13:00-14:30インドネシア語読解Ⅲ①インドネシア語作文Ⅲ②インドネシア語文法Ⅲ①インドネシア語文法Ⅲ②インドネシア語会話Ⅲ②Ⅳ14:40-16:10インドネシア語作文Ⅲ①インドネシア語会話Ⅲ①インドネシア語読解Ⅲ②東南アジア時事英語Ⅲインドネシア語総合ゼミⅢⅤ16:20-17:50Career StudiesⅢ時間割例 (2年次春学期)ネイティブ中心の講師陣が家庭教師のように指導。 1年で基本会話をマスター!インドネシア語は、比較的短期間でマスターしやすい言語です。本専攻の講師はインドネシア人が中心。毎日、生きたインドネシア語に触れることで、初心者でも1年後には基本会話をマスター。2年次には「読む・書く」に力を入れ、しっかりと語学力を身につけます。赤道に沿って主な5つの島と1万数千もの島々からなる国で首都はジャカルタ。人口は2億6,199万人(世界第4位)で多種多様の民族、言語、宗教、風習が混在しています。バリ島をはじめ、ボロブドゥルやプランバナン遺跡で有名なジャワ島、ダイバーに人気のスラウェシ島など多彩な魅力にあふれています。インドネシアってどんな国?専任講師 ウガ・プルチェカBahasa Indonesia selain di Indonesia, dipakai juga di Malaysia, Singapura dan Brunei sebagai bahasa nasional dan bahasa pergaulan. Mari kita belajar bahasa Indonesia.インドネシア語は、インドネシア以外に、マレーシア、シンガポール、ブルネイでも国語、公用語として使用されています。さあ、インドネシア語を勉強しましょう。専任講師 柏村 彰夫現在のインドネシアは、経済が順調に成長を始め、商社や自動車メーカーなどの日本の企業進出も活発です。身につければ希少な人材としてこれから大きな可能性をもつ言語。それがインドネシア語です。インドネシア語専攻京外専でインドネシア語が身につく理由23

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る