京都外国語専門学校デジタルパンフレット
19/48

専任講師 劉 暁晴「京都非常美」のような文はひょっとして日本語ではないかと錯覚するかもしれません。それが中国語なのです!私たちと一緒に集中して短期間で楽しみながらマスターしませんか。専任講師 松野 恵美近頃日本を訪問する中国人観光客が増え、日本の良さを中国語で伝えられる人材がますます求められています。豊富な観光資源を備え歴史的に中国とのつながりが深い京都で私たちと中国語を学びませんか。京外専で中国語が身につく理由まずは入学して最初の1カ月間で基礎となる声調をしっかりマスター1年次には発音だけの授業を設置しています。オリジナル教材「目・耳・口から中国語の発音をマスターする」を基本に、ネイティブ講師が舌の位置、口の形、呼気の出し方など発音を徹底的に指導し、身につけます。「読む」「書く」「話す」「聴く」…総合的な中国語の能力を身につけます「読む」「書く」「話す」「聴く」それぞれ個別の授業を通して高めていくので、片寄りのない総合的な力を効果的に身につけることができます。また、映画やドラマで中国語を学ぶなど、授業にも工夫を凝らしています。少人数クラスなので、発話の機会が多く実践的な力が身につきます特に会話は、どれだけたくさん話すかが上達の早道。少人数クラスだから発話するチャンスは自然と多くなります。またビジネス中国語などの授業を通して、仕事で使える実践的な中国語運用能力まで高めることもできます。理論(読解・作文)と実践(会話・談論)をバランス良く配したカリキュラム編成文法の基礎を身につけていればこそ、実践での活用も容易です。読解や作文など理論を修得する授業と、会話や談論といった実践を重視した授業をバランス良く編成し、理論と実践の両面から語学力を養います。Pick Up Lesson中国語LL1年次にはネイティブ講師によるLL授業で“聴く力”の修得に力を入れます。発音(ピンイン、声調符号)、単語やフレーズを聴き分けることから始め、短文や会話文へとレベルアップさせ聴く力を身につけます。中国語 読解1年次では文法の基礎を徹底して学び、会話や談論といった実践へのスムーズな活用に備えます。日本人講師が担当し、解説を加えながら進めていきます。2年次では長文をどんどん読んでいき、読解力を高めます。中国語 作文1年次では構文の基礎を身につけるとともに、短い文章を繰り返し書く練習を行います。2年次では長文作成のほか課題作文などに取り組み、作文力のレベルアップを目指します。月火水木金Ⅰ 9:00-10:30小論文対策講座ⅢBⅡ10:40-12:10中国語談論Ⅲ②第二外国語(英語)ⅢD中国語作文Ⅲ②中国語検定対策ⅢⅢ13:00-14:30専攻研究(中国語)Ⅲ中国語作文Ⅲ①中国語LLⅢ①中国語談論Ⅲ②中国語LLⅢ②Ⅳ14:40-16:10中国語読解Ⅲ①中国語読解Ⅲ②総合ゼミ(中国語)ⅢⅤ16:20-17:50Career StudiesⅢ時間割例 (2年次春学期)18

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る