京都外国語専門学校デジタルパンフレット
18/48

Department of Chinese Language中国語学科Student's VOICEQ.1京外専に入学した理由は?英語が好きで、大学でもっと勉強したいと思い外国語学部を受験しましたが、あえなく失敗。浪人することも考えましたが、webで大学編入制度のある京外専のことを知り入学を決意。英米語学科に入ろうと参加した見学会で中国語学科のことを知り、英語も大事だけどこれからは中国語を学んでおくと将来もっと役に立つと考え、急きょ志望を中国語学科に変更、初めての言語でしたが持ち前のチャレンジ精神で入学しました。Q.2京外専で学んだ感想は?ゼロからのスタートということもあり当初は不安でいっぱいでしたが、授業は20人に満たない少人数クラスですごく丁寧でわかりやすい。向上心の塊のようなクラスメイトからも刺激を受け、気がつけばどんどん中国語が好きになりました。一人ひとりのレベルに合わせて基礎を徹底的に習得する授業スタイルで、「読む」「書く」「話す」「聴く」をバランスよくレベルアップできたと実感しています。授業で中国語のドラマや映画を観るのですが、いつしか内容が理解できている自分にビックリ!短期間で上達するカリキュラムと学生一人ひとりときめ細やかに向き合ってくださる先生方のおかげかなと思っています。Q.3卒業後の進路は?当初は英語を学びたいと思っていた私が、今ではすっかり中国語のとりこに。まずは第1の目標である大学編入を果たし中国語にさらに磨きをかけたいですね。あと、1年生の夏休みに参加した夏期中国語セミナーで、あまり通じず悔しい思いをした中国留学にもペラペラ(笑)となってリベンジするつもりです!中国語に磨きをかけたい、生の中国を見てみたいという人におすすめなのが、夏期中国語セミナーです。夏休みの約3週間にわたって広東省広州市にある本校の協定校の広東外語外貿大学に留学します。グループで行動するので安心して中国を体験でき、期間中香港も訪れます。夏期中国語セミナーで 生の中国を体験!発音を徹底的に指導した上で、「読む」「書く」「話す」「聴く」の総合的な力を身につける中国語は漢字を使うので日本人にとってはとっつきやすい言語です。修得するポイントは声調。標準語では4種類あり、日本語にはない独特の声調をマスターすることが大切です。本学科ではオリジナル教材「目・耳・口から中国語の発音をマスターする」を基本に、ネイティブ講師が発音を徹底的に指導。その上で「読む」「書く」「話す」「聴く」の総合的な力を身につけていきます。卒業時には、中国語で支障なくコミュニケーションできる中国語運用能力の修得を目指します。中国語学科2年 蔦 きららさん17

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る