京都外国語専門学校デジタルパンフレット
15/48

京外専で英語が身につく理由将来の進路に合わせて、「大学編入コース」または「就職コース」を選択します英米語学科では大学編入を希望する学生を対象とした「大学編入コース」と、就職を目指す学生を対象とした「就職コース」を設置。入学後、将来の進路に合わせて、1年次の第2セメスターからどちらかのコースを選択します。少人数制・レベル別クラス編成、外国人講師によるDirect Method… 早期に英語力の向上を図りますクラスは「読む・書く」と「話す・聴く」の能力別に、細かくクラス分けを実施。各自のレベルに合わせて学べます。さらに、講師はネイティブが中心。だから毎日、生きた英語をシャワーのように浴びることができ、楽しく自然に英語力が身につきます。TOEICテストを定期的に行い、学生一人ひとりの達成度をチェックしながら指導します年4回TOEICテストを実施します。講師が学生一人ひとりの語学レベルを常にチェックするとともに、弱点、性格までも把握し、きめ細やかに指導します。そして卒業までに、全員が250ポイント以上のアップを目指します。「コア科目」+「コース別必修科目」+「一般教養科目(選択)」体系的かつ効率的に学習できるカリキュラムを構成しています第1セメスターは両コース共通の「コア科目」を履修し、基礎固めをしっかり行いながら、卒業後の進路を選択する期間です。第2セメスターからは、各コースに分かれて授業開始。「コア科目」に加えて「コース別必修科目」が始まります。さらに一般教養科目の中から自分の進路に役立つ科目や興味関心のある科目を選択します。Pick Up Lessonボキャビル【Vocabulary Building】ボキャブラリーは「読む」「書く」「話す」「聴く」のすべての技能の基礎となる最も重要なポイント。丸覚えではなく英語の語彙構造を理解し、その規則性や法則性を学ぶことで、楽しく容易に語彙力を飛躍的に強化していきます。Tourism & Hospitality Englishホテルやサービス業などの接客業で使われる実践的な英語力を身につけます。また、英語学習を通して、ホスピタリティーマインドを学びます。編入英語 対策講座大学編入試験突破に向けた解答力と実力を養う講座です。過去の入試問題を解いていき、講師が丁寧にその分析と解説を行うとともに、大学別に編入試験の傾向と対策を伝授。一人ひとりに適切な対策を講じ指導します。児童英語教育児童英語教師の需要は高まるばかり。子どもに英語を教える基礎知識および児童心理や教材研究などを学びます。さらに、カリキュラムの作り方・基本的な指導法・レッスンプランの立案を学び、実際に模擬授業を行います。Composition1年次は作文の技法を修得するとともに、自分の考え方を自在に表現できるように練習します。2年次には編入に必要な作文力や、編入後に必要な論述力も視野に入れながら、論理的な文章を書く力の修得につとめます。Professional English1年次で学んだビジネス英語をさらに発展させ、実際のビジネスで使えるまで高めることを目的に、「挨拶」「オフィスで」「電話で」など、毎週異なるテーマや場面を設定し学習します。第4セメスターには書く力も高めます。京外専では英語を知識として身につけるだけでなく、英語をコミュニケーションツールとして柔軟に使いこなし、自らアウトプットできる能力を養うため、スピーチやディスカッション、プレゼンテーションなど「自己発信型」授業に力を入れています。「自己発信型」授業を積極的に導入1年生の最終課題として行われる「スピーチコンテスト」。自由なテーマでスピーチします。2年間の集大成として行われる「卒業プレゼンテーション」。資料を作成し、英語で研究発表します。14

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る